1周忌(その6:別れ)

やっぱり、最後のところは書けないみたいです・・・・

お花見に連れってってくれたんです。
10422279_426732367494658_8005993477470758305_n.jpg
(2016年4月、16歳4ヶ月)

あれから1年・・・・
これからも、オヤビンはじめポン(Pong)(またの名をイリオ)、ディル、ラウナ、ネネを宜しくお願いしますね。

また、機会がありましたら下界へお邪魔致します。


りょう様

スポンサーサイト

1周忌(その5:老い)

あらあら、わたくしとしたことが、ついつい長居をしてしまいましたね。
そろそろあちら、虹の橋方面に戻りましょうかね。

ここまで飽きずに読んでくださりありがとうございます。
あちらに戻る前に現実のお話をひとつ。

犬の老いでございます。
わたくしも、10歳まで、病気ひとつせず、健康に暮らしてまいりました。
でも、10歳以降は、毎年のように病院にお世話になるようになってしまいました。
こんな感じでございます。

10歳 左後足靭帯断裂
はじめての手術でした。

12歳 子宮蓄膿症摘出
302255_183919615018507_763607649_n.jpg
(2011年10月、12歳秋)

14歳 肝臓ガン大爆発
これは凄かったんです。
いずれ詳しくお話する機会があれば、またその時。

15歳 脳破壊?からの痴呆からの諸々
10291866_283808165120413_4508208490249617732_n (1)
マッサージ中です。足腰頭に効くらしい、なにかの葉っぱを使ってのアロママッサージなのです。
(2015年、15歳初夏)

このときは、もう、頭ぶっ飛びの怖いものなし、正真正銘ボケ老犬でした。
10245509_283808188453744_4825533858837526710_n.jpg

16歳 寝たきり介護
「ふふふ、これからじっくり、オヤビンを懲らしめてやるのです」
10644830_683340981743032_4500546437065593863_n.jpg
(2015年9月、15歳初秋)

靭帯断裂と子宮蓄膿症はどちらも防ぐことができました。
デコボコの少ないドッグランを選んだり、避妊手術をしていればこうした手術はしないで済みました。
防げる病気は防いでやってくださいまし、虹の橋からのお願いでございます。
治療できないなら、楽にしてやってくんなまし、虹の橋からのお願いでございます。

14歳以降は介護本が書けるくらい、オヤビンにはすべての老犬介護の経験をさせてあげました。
そう、「もう勘弁してくれ、早く死んでくれ」ってオヤビンが思うまで死なないって決めてましたから・・・
10382731_718498121560651_838139807061468003_n.jpg
(2015年12月、16歳と1日)
そしたら、あいつ、本当に「もう、死んでくれ」って言ったんですよ~
許せないでございましょ、もう炎上しちゃってください!

次回はさいごにそのあたりのおはなしを・・・
プロフィール

Dill&Launa

Author:Dill&Launa
あたしたち、Dill(ディル)& Launa(ラウナ)!
CACI出身の元保護犬なの。
美人姉妹のプライベートライフを、ワンコ目線でお届けしちゃうわ。
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
最新記事

人気ブログランキングへ
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
登場人物

Dill&Launa

(左)オヤビン : 親分ほど偉くない

(右)Ilio(イリオ):姉妹の頼りない兄貴分

Dill&Launa

りょう様 : 長女、2015年4月永眠(享年16歳)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
AD
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログを見てくれた人